情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sleipnir6.1.9で急に動かなくなったので、いろいろ試してみた結果、なんとか動いたもののどうしようか・・・
sleipnir、ずっと、それはもうこのブラウザ開発が会社化する前の段階から使い続けてきてカスタマイズしまくって満足していたのです。

が、6.1.9で遂に動かなくなりました。(Windows7 Home Premium 64bit メモリ16GB Cドライブ(SSD)にインストール)
特にこのアップデート前にOS設定いじったり、WindowsUpdateあったわけでもない。

起動するとどのWebページを表示しようとしても
「このウェブページの表示中に問題が発生しました。不要なアプリやタブを閉じると、使用できるメモリが増える可能性があります。」
というGoogleChromeエンジンからのエラーが出てしまって、そこの報告リンクなどにも遷移しないし、Chromeの設定ページもWebベースのものはこのエラーのままです。

仮想メモリの設定がSSD使用なのでなしにしていたのを使うようにしたり、システムに食い込んでいるだろうie11のキャッシュ領域を確認して正しく使っていることを確認したり、Sleipnirの初期表示させていた大量の画面をすべてなくしても、このエラーのまま。
あきらめてSleipnirを削除して、再インストールしても同様です。

最終的にZipをダウンロードして解凍してそこから起動してみたところ、動きました。

ただ、ブックマークはバックアップがあるのですが、起動時にグループ分けして表示していた多数のページ情報やログイン時のパスワードなどの設定は綺麗になくなってしまいました。
なかなかSleipnir5の段階で安定していなかったし、6になってもこのグループ分けは便利だけ切り替えが重いしうまくクリックに反応しなかったりして不満が募っていたので、そろそろ潮時かもしれません。

仕事でかなりクロスブラウズな開発していたのでそれなりに各ブラウザも使ってきています。さて、どこにしよう?
GoogleChromeはSleipnirのエンジンでもあるので使い勝手はあまり変わらないのですが、そもそも今回のエラー画面ってChromeが出していたのでどうにも怖い。
FireFoxもOperaも今となっては開発が終わりそうに感じています。また、SafariもiPadではメインに使っているけれどもOSがWindowsだから微妙。

はい、次の画期的なブラウザが出ることを期待して、デフォルトなie11で様子を見ましょう。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。