情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戦国妖狐」13巻、千夜が予想外の方向に進化して、感激。そして遂に灼岩と真介の邂逅
「戦国妖狐」13巻、もうすごい展開、待ち望んでいた決戦。
前巻から灼岩復活があってもう真介がいつ彼女と邂逅するのか、それが楽しみで楽しみで待ちきれないなか、千夜やらムドやらおっさんsやらのあっつい展開が繰り広げられました。

特に千夜が不殺を貫こうとする青い心情でどうなることかと思ったものですが、ええ、青いというよりも赤く染まったあげくのその覚悟と彼の能力が恐るべき進化を遂げて思わず読んでいて唸ってしまう展開でした。
はあ、徐々に彼の使う技の具合から「?」と思っていただけに最後に彼がなるべき姿が現された時、ちょっとくさい感じもしますが、それもまた彼の心の姿なんでしょう。よかった。
んでもってその姿を月湖も到着で目にしたのですが・・・。

後はもう盛り上げるだけ盛り上げてくれた周りをおいておいて、きっちりいいところを持っていったのは真介、いやこれまでいろいろ苦労していたし土地神代行までしていた彼ですから、この灼岩との邂逅、涙なくしては読めません。
こんなに盛り上がって最終的な敵となる迅火に対する展開が盛り上がらないわけがない、さあとっとと無の民との戦いを納めてください。

戦国妖狐 13 (BLADE COMICS)
戦国妖狐 13


なお、無の民の事情的伏線も見えてきたから、これは彼らもまた千夜が救う対象なんでしょう、ラストへ向けての怒濤の伏線回収も楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。