情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ムシヌユン」1巻、うわ、これはまたこってり濃厚な南国気分(虫多め)にひたれそう
「ムシヌユン」1巻、もうコミック描かれないかと思っていたのですが、出ました。
そして開始数ページでもういつもの都留ワールド全開、やっぱり南国沖縄の濃厚な空気が気持ちいいです。
だけどそれ以上に主人公が気持ち悪い・・・。とは言え、この主人公がたぶんだんだんとかっこよく見えてくるんじゃないのかと期待しています。

って、そんな主人公なんだけど妙に女性が集まってくる、ハーレム系? いや、だけど女性は寄ってくるけどなぜか彼にではなく他の男性とのいちゃこらをみせつけてきてしまいますよ? むう、なんていうか生殺し状態な主人公です。
そして読者もそんな感じ、なんていうか鬱屈していく様をじわじわ描いていつかカタルシスがくる、はず。「ナチュン(1)ナチュン(1)」だとそうだったし・・・。

SFだけど未来ではない今のSF、でも途中で一気に動き始めてきますのでこれは伝奇作品っぽいとも思えます。なんにせよ、虫を語る主人公が学者を目指して夢破れたキャラという点で、とにかく虫が絡む絡む。SFは宇宙規模なところですが、それと虫が絡み始めています、きっと彼の能力が生きる展開が・・・あるはず。

なお、ナチュンも1巻表紙のキャラ並の線のクリアさで描いて欲しかったのですがそうではなかった、そして今回もそう。でもまあもう今回は表紙からして中身がよくわかる混沌さです。
たぶん虫嫌いな人は読まないほうがいいでしょう。でも、それを通り越したら妙な開放感がある作品です。

ムシヌユン 1 (ビッグコミックス)
ムシヌユン 1
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。