情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「氷菓」7巻、料理対決が盛り上がっております、十文字の謎はまだかすかな匂いだけ
「氷菓」7巻、アニメに基づいている作品ですので、今巻の内容でも河内先輩のコスプレはやっぱりSNK系でした・・・。そう、後書きで作者が彼女の名前の由来を語っていますが、小説でのコスプレに基づいた名称だったのですね・・・気付かなかったけど、後書き読んでおお!っとすぐわかってしまった私・・・。

さて本編、文化祭は十文字の謎が徐々に始まってきました。てっきりもうそっちんの展開かと思ったらまだまだ文集売るための作戦継続中でした、やっぱり千反田さんが女帝にお願いするくだりはいいものです。女帝が汗だすキャラなんてやっぱり桁上がりの四名家なだけはあります。

その千反田さんは続く料理対決でもきっちりいい仕事、そしてこの料理対決の行方がそのまま次巻に持ち越しました。え、やっぱり対決ものは盛り上がるのか? 

あとは最初に述べた河内先輩絡み、もう災難というか性格をうまく誘導されて踊らされている摩耶花がかわいそうだった。部長も部長で彼女達の対決を見世物にしているし。摩耶花はよくこの部活続けられるものだ。

ということでいろいろネタは仕込まれましたので、次号はどこまで進むのでしょう? 一気に解決までは行かないほうが嬉しい。やっぱり文集のほうの展開もふくめてじっくりやってほしいです。

氷菓 (7) (カドカワコミックス・エース)
氷菓 (7)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。