情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かみあり」5巻、ガブリエルちゃんがちょっと不憫ですが、多くの天使に守られていた
「かみあり」5巻、表紙にぱっと見、え!?と思うキャラがいて、まさか、まさかと思いつつ読み進めていきました。

はい、こういうキャラづけというか判別も正しいです、日本武尊は女の娘キャラでした。ああ、そう言えばそういう話もあったわけで、きっちりしっかり神話を研究されています。
その研究はもう日本だけでなく西洋だって、ということで日本のおおらかな雰囲気と違って妙にきっつい西洋の神の話に巻き込まれていたのがガブリエルちゃん。うーん、誰がそんな彼女を糾弾するのやと思ったら集団心理みたいなものですか・・・なんだか、「かみあり」的にはもっとのほほんとしたものがよかった。
ただ、彼女を本家のガブリエルや多くの天使がサポートして助けてくれています。こういう雰囲気はこの作品的で素敵です。

あ、なんだか神様が今巻は激しく活躍なされたので主人公組が影薄い。千和ちゃんが忍の弟子として相変わらずすごかったけど。

そして最後、そうですよね、なんだかユニコーンって妙な生物だと思っていたら神獣でもあり、魔物でもある。いやー勉強になった。まさかノアの箱舟に乗船拒否されていたとは・・・。

かみあり (5) (IDコミックス REXコミックス)
かみあり (5)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。