情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「極黒のブリュンヒルデ」9巻、え、ここにきてキャラがどんどん退場に・・・いや、まだきっとなにかあるはずだと信じたい
「極黒のブリュンヒルデ」9巻、一気に物語が進んで行きます。もうクライマックス間近なんでしょうか。

さて、感想書き出すとネタバレばっかりになりますので読んでいない人は気をつけてください。





はい、まずは九の暴走展開の結末がわかりました。
なるほど、彼も彼なりの特殊な考え方ですが、理屈はわかった。ですが、そういうやり方しかないのか・・・凄惨すぎる展開です。

しかし単なる天然さんなキャラだとばかり思っていた小鳥もまた、半分は天然でしょうが、敢えてそうすることでいろいろ考えていたのです。だから、ここにきてどんどんとキャラを消化していくような悲しい展開が嫌ではあるものの、それぞれのキャラの奥深いところが知れてよかった。

ただ、どうなんでしょう、かつては時間を戻せる魔女もいたのです。この悲しい展開をなかったことにしてくれる魔女もいるのかも、と信じたい。いや、村上くんがきっと入念な策を弄していて、次の巻ですごいどんでん返しがあるかも、ととにかくなんでもいいから希望を持って読み終えました。そうでないともうやるせなさ過ぎます。

また、佳奈も遂に禁断の一番上のスイッチを押しました。これはなにが起こるのか、今まで作中ではとんでもない死ぬよりも恐ろしいことがおこるということで押された後のことについては不明だったそれです。
恐ろしいけど、だけど期待しています、この行為もまた皆が救われる展開のひとつだと信じて。

極黒のブリュンヒルデ 9 (ヤングジャンプコミックス)
極黒のブリュンヒルデ 9
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。