情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白暮のクロニクル」2巻、今巻は今の事件ではなく過去第二次世界大戦中、雪村さんの壮絶な成り上がり
「白暮のクロニクル」2巻、過去第二次世界大戦中、雪村さんがどうやってオキナガになったか、そして今につながる重大な事件が描かれています。

あっさり、彼の過去、成り上がった展開が語られました。そしてオキナガの人達のそれなりに暢気な生き様も見せられて、いつも通りの日常展開もかいま見えておもしろかった。
だからなぜ雪村さんだけ妙にかりかりした性格なのか、それもわかりましたが、あんなことされてたらねえもう、人間不信にもなりますよ。

そしてこの作品で主題となる未年のオキナガ殺人事件につながっていく最初の事件、それが語られます。しかもあかりさんもその事件の関係者というか血縁だったし、つながってきました。
それにしても過去の雪村さんの恋した棗さんの天真爛漫な様がその後の凄惨な展開で際立ちます。生きていたら飄々としたおばあさんになっていたんだろうなと思うと残念です。そして鍵を握るのはやはり妹の綾音さん、あかりさんの父が持っていた実の母親の棗さんと継母にあたる妹の綾音さんの写真とか、もうね、なにもかもこってりつながっていくんでしょう。

白暮のクロニクル 2 (ビッグコミックス)
白暮のクロニクル 2
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。