情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BW(ビューティフルワールド) -麻雀星取伝説」1巻、珍しく女性が多い展開ですがまあいつもどおりに血みどろです
「BW(ビューティフルワールド) -麻雀星取伝説」1巻、このところきっついので志名坂さんの作品買うのもためらう日々だったのですが、まあ新作ですので買ってみました。
表紙からして女性ひとり、きつそうですがそれにしても1巻で表紙だから女性主人公でこれまでとは違った麻雀ものが期待できます。

はい、半分期待通り、半分いつもどおりでした。
まずはこれまでの志名坂作品と違って麻雀勝負で星取りを行う世界で、その星が100個集まるとなんでも願いが叶うという都市伝説のある展開。まあ、コミックで都市伝説っていうのはほぼ確定した本当のことになるのでおそらくそうなんでしょう、途中で現れたお嬢様がどうやらこの都市伝説を具現した、星100個集めてこの世界を構築したらしいという印象です。だからその星取り戦に絡むことは警察だろうがなんだろうがすべてに優先される模様です。

ただ、星がない段階で負ければ命を失うというこっちはもういつもどおりの血みどろ展開。しかも不正をすると謎の、というか表紙のお姉さん、茜さんが問答無用でぶった斬って成敗するという、ああ、もうきっついなぁ。

そんな世界に巻き込まれていく、麻雀初心者の匠が主役のようです。茜さんはヒロインというよりもいつも彼にくっついてトラブルに参加していく人。匠のたぐいまれなるツキ(?)に着目しているようですが、まだまだ謎は多い。

それにうーん、星持っていないいない人間がこのルールの世界に飛び込むのはなかなか厳しいと思うのですが、まあだいだい匠のようにだまされて巻き込まれていくのかなぁ・・・。そこらへんの理屈はおいといて、そう、珍しく茜さんやお嬢様やそのしもべっぽいメガネっ娘と女の子が多いし結構かわいいのも意外でした。

次巻も買おう、ただ、まああっさり人死んでいくけどね、星があっても不正があったらそんなのは無視です。ある意味、美しい世界ですから。

BW(ビューティフルワールド)  -麻雀星取伝説1 (近代麻雀コミックス)
BW(ビューティフルワールド) -麻雀星取伝説1
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。