情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スピリットサークル 魂環」3巻、またいい過去生、ただ、死落ちって泣ける
「スピリットサークル 魂環」3巻、毎回毎回の過去生話がほんとそれぞれしっかりおもしろいんです。
そして今巻の話は遂に二人が和解しています。しかも場所も近所で時代も戦国時代と判明していますし、流れからして和解したのならなぜ今の鉱子はこれまで以上にかたくななのかも気になります。

ああ、生まれ変わっている割には実はその順番は全然時代の流れと沿っていないなんていうことかも?

そうなると今のこの時代が最後かも知れないし逆に最初でもいいわけで、早く次の過去生を見せて欲しいです。

ただ、結局人生を生きて最後に死を迎えて終わる展開、今回の死落ちは切なかった。だけど二人が一緒に安らかに死んだようでなによりです。
っていうのもなんだけど、最後は死なずに終わって欲しいこの世界です。

スピリットサークル 03―魂環 (ヤングキングコミックス)
スピリットサークル 03―魂環
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。