情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「極黒のブリュンヒルデ」8巻、遂に魔女の謎がつまびらかに!? 良太が体はってやっぱ主人公です
「極黒のブリュンヒルデ」8巻、絶体絶命の状況です。
鎮死剤が常にもうぎりぎり状態な上に、九とヴァルリュリアの急襲、さらにヘクセンヤクトも登場で役者がそろいました。

ここでいつもなら良太のすごい頭脳がアハ体験を呼ぶ如く素敵な解法で局面を打開してくれる。
そう信じていたのですが・・・。

うーん、考えてみれば九もものすごい天才だし、良太側には準備するいとまもなかったか・・・。
だけど、寧子がクロネコだとわかってからの良太の悲壮感が当然と言えば当然ですが、後先考えない捨て身の動きをしてしまいました。ここでも冷静でいられるわけはなかったか。
まさか主人公が死ぬわけないけどと思いつつも、代わりに誰かが身代わりになるようなことはある世界ですので、油断はできません。案の定初菜がうってつけのフラグびんびんな他人の傷を治せるけど自分が死ぬかもしれないので試していないって案が採用です。

えー、せっかく期待の新キャラだったのにもう最後? また良太の記憶の住人になってしまうの?

でも見事に裏切られた。都合が良いというよりも奇跡が起こった印象で、今回ばかりは私は嬉しく思います。やっぱりもう誰も死んで欲しくない。たとえそれが敵側でも。

ただ、小鳥はさらわれ、遂に魔女の正体がわかりました宇宙人というのは本当らしいですが、彼女達魔女の子たちは宇宙人に寄生されているのではなく、そのものだったということで・・・ううう、良太アレを踏んづけていたりしたね・・・。なんとも後味が悪い展開でもあります、が、まだこれはヘクセンヤクトからの一方的な情報です。しかも小五郎側は着々と受精卵を育てていますし、あれはどうなっていくのか。というか小五郎側もなんか悪い顔していて頼もしすぎるし、良太たちのピンチはきっとこのままチャンスになるんだと信じて、すぐに出るという予定の極黒のブリュンヒルデ 9を待ちます。

極黒のブリュンヒルデ 8 (ヤングジャンプコミックス)
極黒のブリュンヒルデ 8
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。