情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テラフォーマーズ」8巻、人間対人間のほうがそれぞれの思惑があっておもしろい
「テラフォーマーズ」8巻、黒幕、というか各国思惑があってのことですが、ロシア、中国とそれぞれ別個に思惑があったのですね。
日本はアメリカと組んでいますが、このところ分散気味できつい。主役だったと思うのですがこの巻では遂に燈たちって活躍の場が・・・。

ただ、地球では頑張っていますね。ロシアが日本側についてくれたのも首相のおかげです。なにげに今一番頼もしいのが暗殺されない首相、という蛭間さん。
でも遂に出てきたNBC兵器な中国の彼女。B系の兵器なんですが、変態していないということは彼女が変態したらもっとすさまじいことになるのでしょうか。ただ、どうもそうなると彼女の命ももう持たないかもしれないと推測されます。
とは言え、ここは各人もう地球に帰ることを諦めているかのようですので、恐いんです。

今巻の主役はロシアチーム、これまでひたすら思わせぶりに黒幕っぽかったし、実際黒幕のひとつでもありましたが、泣けるドラマがあっていいチームなんですよ。

そしてあっと言う間に次の状態に変化したG達、人間対人間のほうが話もわかっておもしろいところに、不確定要素で不気味な彼らがまた絡んでくる、と。
ああ、もう今回も全滅フラグばかり立っているようで恐いです。

テラフォーマーズ 8 (ヤングジャンプコミックス)
テラフォーマーズ 8
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。