情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハルタ 2014-FEBRUARY volume 11」、「乙嫁語り」新しい嫁!これは不思議系?
「ハルタ 2014-FEBRUARY volume 11」、待望の新連載「ダンジョン飯」が始まりました。
これは面白かった。もうダンジョンで生きていく冒険者のたくましい様子、いや食い意地が張っただけかもしれませんが、若干モンスターがうまそうに感じてしまう。
けど、ところどころブラックな食材が混じっていそうでやっぱり恐い、けどやっぱりドラゴン系ってのは食べてみたいと感じます。うーん、若干これを読んだあとワイルドな食事がしたくなる、そんな読後感です。

「乙嫁語り」、さあ待望の新展開。アニスさん、黒髪の美少女です。鳥たちと戯れる様からこれまた不思議ちゃんな印象のキャラです。これが久々登場のスミスさんとラブロマンスを? ではなくもう既婚でしたが、若いですし、なに不自由ないけど若干カゴの鳥のような生活に不満があるようにも見える意味深な表情しています。これはまたスミスさんに付いていくとかイギリス行きたいとかでもめるのか、というにはおとなしい性格。けど、やっぱりこのままなにもなしには終わらないスミスさんじゃないのかなぁ、なんか異国人というだけで本人は傍観者然なのに物語が動いてしまわざるを得ない、因果な人です。

なお冒頭の説明では「乙嫁」とは美しいお嫁さん、という意味だそうです。おお、ここにきて遂に説明が入ったけど、連載開始時に調べたけど結局意味わからなかったのでやっぱり森薫さんの新語ということでOKなのでしょうか?

「ヒナまつり」、いろんなアドリブが入ったシンデレラでした。今回もまたヒナはおねむな状態なままどんどん進んで行くクラスメイトたちの暴走。ヒナの世界の人々との超能力バトルもおもしろいけど、まったくヒナの能力がでてこないままヒナが巻き込まれていく話もいい。いやむしろこっちのほうがおもしろい・・・。まあヒナにはいい迷惑でしかないとは思うけど。

「ジゼル・アラン」、大きな騒動から帰ってきていつもの街の便利屋稼業をするジゼルです。
がもうタイトルの「歩く姿は百合の花?」でこれは美人の比喩とかじゃあなく、昨今はやりな百合? でわくわくしてしまいました。でもジゼルだしそんなこたないだろうと思ってたのに!
という素敵な百合回。にしてもコレットさんって魔性の女ですね。

ハルタ 2014-FEBRUARY volume 11 (ビームコミックス)
ハルタ 2014-FEBRUARY volume 11
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。