情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ScanSnap S1500、遂に故障。奇跡を信じて修理見積してみた結果
ScanSnap S1500、電子書籍化にひたすら便利で使っておりました。
もう4年目です。そして3000冊以上のコミックを読み取り、まもなく4000冊も見えてきたかという今日この頃です。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500

そして遂に画像に緑の線が・・・。これまでもたまに入っていたもののカラー原稿はそれほど多くないですし、グレイよみとりではほぼ目立たないのでそのままにしていましたが・・・うん、とにかく消えなくなった・・・。しかもほぼ中心に入るので目立つ目立つ。
これは外の読み取り面ではなく、内部の読み取り部分にゴミが入っているからだろうと目星をつけましたが、自分ではどうにもならない。

ということで、修理です。ただ、保証には入っていなかったのです。きっと買い換える頃には後継機や他メーカーでメジャーなものが出てくるでしょう。そっちに買い換えよう、と。
案の定、ScanSnapは後継機の
FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500
FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500
FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

が出ています。
ええ、だからこれを遂に買う日が来たと思ってAmazonなどのレビューを見ると・・・うーん、絶賛しているものもあるけど、600dpi読み取りでの読み取れない部分や、紙送りローラーが強力すぎて原稿に跡がくっきり残るとか・・・。
あと、読み取りセンサーがCCDからCISに変わっています。これも読み取りが甘くなる印象があるからねぇ。

こりゃあ一旦保留して保証入っていませんが修理見積もりに出しました。なお、見積もりしてそのままキャンセルするとキャンセル料が約4000円かかります。
結果、見積もり金額、新品のiX500とほぼ同額・・・。うーん、これはきつい。ならばとS1500の新品はもう終売商品ですのであまり見かけないし、保証にも入れない。修理してもらってもこっちも当然保証には入れないし・・・。

ああ、キャンセル料金払って、やっぱりiX500を買って今度はおとなしく5年保証に入っておくべきでしょうか・・・。ただ、気になる点が多い・・・。けど消費税も上がる間際だし、と辛い選択です。他メーカー製品も多少出てきましたがやっぱりScanSnapと較べると見劣りする。

ということで、この週末は電器屋さんでiX500をもうちょっとじっくり見聞して、どうするか決めます。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。