情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 3月号」、「モンスター娘のいる日常」ゾンビ娘は人を選びます
「月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 3月号」、新連載の「すみっこプリマU-15」が巻頭カラーで表紙です。

「すみっこプリマU-15」、最初4コマなのかなーって思っていたら途中から徐々に崩れだしていきました。ギャグものでなく、ストーリーあるのですね。4コマよりもふつうのコマわりでストーリーが読みたいです。
バレエものではなく、フットサルもの? 主人公が元バレエでの特待生とかで前の学校でいろいろあったらしいのですが、さてと、あとはこの絵柄になれることか。線が太いし荒々しいのでこれがフットサルの勢いにあってはいるものの、普段はもっとすっきりしたのがいい。ただ、妙にカラーは見やすいんですよ、太い線のわりには。

「モンスター娘のいる日常」、ゾンビ娘とのデート回です。うう、これはなかなかこの主人公みたいなすごい心が広い人でないてきついお相手です。まあ彼女もそのあたり試しているのでしょうがないですが・・・。ええ、ちょっとしたホラーになっていました。
そしてこっちにも単眼娘いましたね、スナイパーだったか。この子もまた主人公を試す感じできっついところですが、はい、素敵な主人公でした。そしてこの子もかわいかった。単眼娘はやっぱりいい。

「ヒトミ先生の保健室」、透明人間の娘さん。自分で透明度が制御できなくなってほぼ見えなくなっているのですが、どうも自身がないかららく、ヒトミ先生の力のみせどころ。今回もきっちりいいお話になっていました。
そしてもう一本、先生の幼馴染み、同じ学校の先生していました。こりゃまたこってりした関係でこの様子だと彼と腐れ縁で盛り上がれそう? ふたりとも互いに嫌がっているんだけどどこか気心知れていていういい関係です。
なお、そんな中気になるのが先生の妹の三美、見事に口くらいしか顔を見せてもらえません。名前からして彼女はその名の通りなんでしょうけど、隠しているということは三美中心のお話がいずれあるのでしょう。期待しましょう。

「セントールの悩み」、二本立て、苦労人というか妹たくさんで大変なタマ。彼女の気遣いが父には辛いようにも思いますが、まあ彼女が完璧な人だからなんとかしてしまいそうです。うん、取り敢えずタマさんの言うとおりでお父さんの絵は悪くないんですけどね。
そしてもう一本、姫の先祖のなかなかに激しい過去。実はセントールを解放したのが先祖で、名家でした。中世はほんと人馬系は家畜扱いできつかった描写がたびたび描かれています。そして現在はその逆で形態的な差別は非常にきつくとりしまられている。これもまたさらっと描かれています、姫の髪の色が地毛の色かどうかで染めていると厳しく問い詰めた先生が捕まっていたり・・・。結局解放されてもまだまだ人の心の差別心は消えないということで、考えさせられるというか、重い世界になっているように感じます。
今回はこれからにかかえあっている宇宙人ネタがなかったのですが、これから世界がどう変わっていくのかじっくり見ていきたいです。

新連載「異骸」、学園ソンビ感染パニックホラーものでしょうか。ただ絵柄が恐いのかシュールギャグなのかもうちょっとわかりづらかった。ただ、だからひしひしと異様な怖さがあるのですけれども。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 03月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2014年 03月号
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。