情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南Q阿伝」4巻、渡来神の正体が意外なものでますます目が離せない
「南Q阿伝」4巻、表紙は誰だったかと考えた後、わからず。
今巻読んでああ、霊感の弱い神社の娘さんだったかと・・・。そうなると次の表紙は先生とかになってしまうのですが・・・。また南久阿さんに戻るのかどうか。
数少ないメインキャラ以外は敵かゲスト。とはいえ、それはいつものこと。キャラが少ないほうが誰だかわからないキャラがでてきて困惑することないのでいいです。

さて、今巻で遂に渡来神の出自がわかってきました。とは言っても謎が多すぎます。将来日本を乗っ取るという未来の日本人だなんて彼らの自己申告ですので。
ただ、とにかく土着の神を操るパワーを持っていますし、記憶の中でも介入して戦いを挑むなどスペックでは神に近いものがやっぱりある。

また、南久阿さんがもっといろいろ知っていそうで小出しにしているので、神田くんもまだまだ僕としてなにか足りないのか。それにしても今巻ではちょくちょく南久阿さんらしき影が神田くんや祝詞を助けていますが、単に奥ゆかしくなにも言わないだけなのか、それとも別の誰かなのかとか、伏線っぽくってこれからの謎解きが楽しみです。

南Q阿伝(4) (シリウスコミックス)
南Q阿伝(4)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。