情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「乙嫁語り」6巻、アミルさんも含めて兄弟がかっこよかった、そしてパリヤさん出番少ないけどかわいいです
「乙嫁語り」6巻、戦争な巻でした。
もう、久々に出てきたアミルさんの兄たちそれぞれかっこよかった。もうちょっと彼らが一族の上のほうだったらもっと違った展開になっていただろうに・・・。ほんとこのアミルさん兄弟の親なのになんであの親父はそこまで悪人なんだろうか。

やっぱりアミルさんの戦闘能力がすごいですね、兄達た一族の男のほうがもっと上だとも言っていますが、もしかして謙遜? いや、今回兄達もすごかったけど。

とはいえ、その戦争の前の日常回でのカルルクさんの成長もあり、がんばってアミルさんに男らしいとこ見せていました。ほほえましい夫婦です。はやくアミルさんに腕相撲で勝ってくださいね、カルルクさん。

さて、大好きなパリヤさんですが出番が少ない。作者も後書きで出番少ないのでパリヤさんを描いてくださいましたが・・・なんであの真っ赤になっているパリヤさんで何コマも・・・シュールだ。もう今巻の出番でも相変わらずアミルさん相手に大人ぶりつつ、アミルさんののろけ的な相談に真っ赤になってアドバイス。かわいいなあもう。

ということで、来週は森薫さんサイン会です。楽しみです。メッセージシートはやっぱりパリヤさんネタを書こう。

ただ、絶対次はパリヤさん回になると思っていたのに、スミスさん生きていた回になる模様ですね・・・。とっとと帰ってきてタレスさんを娶ってくださいとしか言えません。

乙嫁語り 6巻 (ビームコミックス)
乙嫁語り 6巻
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。