情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「それでも町は廻っている」12巻、歩鳥助手の紺先輩が相変わらずかわいいんですがいつも真田くんには厳しい・・・
「それでも町は廻っている」12巻、表紙の歩鳥が妙に美人で困惑中・・・。なんか真田ビジョン?

さて、そんなそれ町、今巻も推理ネタがあってよかった。安楽椅子探偵を気取る歩鳥の上を相変わらずの亀井堂さんですが、でもなにげにやっぱり歩鳥もいい推理しているので問題ない。もっと探偵ネタあってほしいです。
話ごとに時が錯綜する作品なので、高校入学当初の歩鳥たちを見られてよかったし、これもきっちり推理ネタがあってその頃から歩鳥はちゃんと探偵になりたいという思いをもっているのがわかって将来に期待します。

そして妹の雪美、剣道少女で可憐・・・というにはもうちょい微妙ですが、勝つための思いの強さが素敵です。歩鳥の行動力部分をさらに倍にしたような子で、彼女のもうちょっと成長した姿も見てみたいです。

と思ったら今巻ではすわ最終回? ってネタがあってどきどきしました。これだけ時間が入り乱れるといつどの段階でも最終回できるし、逆にいつまでだって続けられそうだし。だからまだ終わっていなくてほっとしています。ただ、歩鳥の妄想未来はみんな基本的に幸せになっているのが素直に嬉しいです。歩鳥って子を現していますね。
ただ、結局未だに真田くんの思いに気付いていないので扱いが彼は微妙に残念な未来だった。
そして紺先輩、歩鳥がほんと好いているとわかります。でも妄想の中でも助手なんて扱いにしてしまうとバレたら紺先輩のことだから歩鳥の上を行く未来予測で反撃されそうだ。

というわけでまだちょっと続くとかでなく、もっともっと続いてほしいものです。

それでも町は廻っている 12 (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている 12
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。