情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いなり、こんこん、恋いろは。」7巻、いなりが試練を乗り越え、頼もしいキャラに
「いなり、こんこん、恋いろは。」7巻、前巻から引き続いてのいなり試練が続いています。
ほんと彼女に都合のいい夢のような世界での生活でうきうきだったにも関わらず、途中で違和感に気付いてうか様や本当の(現在とっても仲がよくない状態の)丹波橋くんを選び取ったいなりは立派です。

その後も神の世界での修行を乗り切った彼女、後光は差していませんが人間界に戻って三学期。非常に頼もしいいいキャラになっています。おお、ここまで成長してしまうと主人公として後はとんとん拍子に話が進むと思っていたらまあ最後にやらかして次号にといういつものいなりでした。いや、でもほんと友達や丹波橋くんへの接し方がこれまでのものと違って落ち着いていて優しいお姉さん的でよかったです。

そんな中、墨染さんの恋模様があわただしい。三条さん大好きだけどそれはまだ三条さんには言えていないので周りがフォローするにも三条さんは妙な疎外感を感じてますます疎遠。この当たりの微妙な感覚がどうなることかとっても危険です。ただ、墨染さんも頼もしくなったいなりに背を押されて動き出しています。これはいい方向に進んで欲しいと思っていたらきてしまいましたねぇ。三条さんが意図せず墨染さんの思いを知ってしまうというやばい展開。これこそいなりが神の力でなにかフォローしてあげるべきところかと思いますので、期待しています。

さらにうか様も燈日との恋模様、危険に動き出してしまった。ええ、うか様の兄に気付かれてしまった模様です。ただ、うか様もその兄も燈日が大事に持っていたうか様のリボンの香りに燈日を感じているから・・・神様ってすごいっていうところなのか、重いっていうところなのか、悩みます。

いなり、こんこん、恋いろは。 (7) (カドカワコミックス・エース)
いなり、こんこん、恋いろは。 (7)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。