情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「極黒のブリュンヒルデ」7巻、今回はラブコメ要素多めで幸せでした
「極黒のブリュンヒルデ」7巻、もういきなりのラスボス級の真子登場で始まっていますが、寧子が頑張った。
ただ、どうにも彼女もその真子同様かそれ以上のパワーを持っていた模様です。これが最後の最後で効いてくるんでしょうが、やっぱり悲劇的な結末しか想像できない。

謎がまだまだ多いのですが、ようやく敵の大物の名前と出自がわかってきましたし、なにより新キャラの不死身の魔女初菜も追加。彼女がかき回してくれて一気にラブコメ要素での展開が始まりました。

うん、やっぱりカズミが口ばっかりでしたが遂に、遂に動き出したのが強い。そして寧子もようやく胸のどきどきが恋だとわかって、動き出せそう。そしてなにより、これまでどうだったか微妙だった寧子=クロネコが確定したようです。そして村上くんもそれを知ったことで非情な決断となるのか、ならないのか。そういったことをまずカズミが知って苦悩して、いちいちカズミばっかり苦労しているようですけど、なんか不憫だなぁ。寧子こそが幼馴染みなんだけど妙にカズミが幼馴染みポジションに見えてしまう。

そんなラブコメ要素が多いのも、鎮死剤が残り少ないことから懸命に今を生きようとする彼女達の最後のあがきにも見えてしまいます。が、きっと村上と小五郎とがなんとかしてくれる、うん、そう信じています。

極黒のブリュンヒルデ 7 (ヤングジャンプコミックス)
極黒のブリュンヒルデ 7
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。