情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「京洛れぎおん」5巻、完結巻、でもいろいろ決着付いていない
「京洛れぎおん」5巻、完結巻、予想外に早い完結でした。

最初は文化祭から始まって、なかなか進まない鉄汰とカナデの関係に微妙な兆しがありました。うお、これで遂に千鳥も絡めた三角関係なんだかで盛り上がれますよというところです。

だのに本編が動いてしまった。しかも鉄汰のなかなかに因縁深い過去も明かされてしまったり、想像以上にこしあんという組織もおそろしげなところがあったり。遂にはまさかの室長までもが更迭、そして失踪という・・・恐い、京都恐い。そんでもって市長が現市長に似ていてこれまた微妙に古都の町の恐ろしさを思い知ります。

だからいい感じに、鉄汰や千鳥には未来がまだある終わり方ですし、そもそもまんじゅうとの対決も終わっていない。いや、これはまんじゅう側にも理ありのようでまだまだ続きそうな展開を残したまんまです。
もうこれからがいいところ、ようやくモンクル仲間でみんなというかカナデもつながって楽しいゲーム観戦ができると思っていたので、もっと続いてほしかった。

それにしても、京都住みの作者ということで、最終巻の表紙の背景、いかにも今の京都(?)というかある意味京都と言えば寺社仏閣よりも玄関口のこの京都タワーです。ちなみに地下に京都タワー温泉があるのですが、最近リニューアルして綺麗になっているのですよ。なお、本屋さんはなくなったのでめっきり行かなくなってしまったのですが。

京洛れぎおん(5)(完) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)
京洛れぎおん(5)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。