情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者」TV見て入りました、ミュセルがいちいちかわいいです
「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者」TV見て入りました。
妙に展開早く感じたし、オタク×自衛隊×ファンタジー世界ならまあ
ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編シリーズではまっているので問題なさげです。だからこの世界観をもっとじっくり堪能するには原作を読むのが一番、ということで。

昨日情報処理技術者試験だったので、それが終わってようやく小説解禁です。ということで現状4巻まで読んでいますが、まあミュセルがかわいいし、単にハーレムものじゃない妙に重いところも垣間見せながら進む展開が素敵です。

思い返せばこの作者の榊さんはステプリのアニメが面白かったので原作読もうかとして、ぱらぱらと最初に数ページ読んで、なんていうは文体とかが合わなくって断念していたのです。
が、今回は1巻冒頭さらっと読んでOKです。読みやすい、ということで読み出したらもう4巻まであっと言う間。

なんだかんだでミュセルがずっとずっと初々しいかわいさを持ったままなのがいいですよ。皇帝もツンデレテンプレセリフを言ってみようと努力したりとかわいいし。

さあって、もう7巻まで買いそろえています。しかも間もなく8巻も出るし、来年はCDつきの限定版も予定されています。アニメ化した勢いでどんどん連載してください。

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1 (講談社ラノベ文庫)
アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。