情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テングガール」1巻、純朴なアミがかわいいけどちょっと不憫
「テングガール」1巻です。
上山兄弟のおとうとさんですね、この方のコミックは実は初見。こんなにあっさりした筆致なんですね。お兄さん的なこってりな感じを期待していたのでちょっとびっくり。

さて、テングガール、表紙が裏表紙の子主人公のアミの変身した姿。テングなんだ・・・。だけどなにか違和感が・・・ってああ鼻が普通だからか。

このアミって子が最初いいように友達と呼べるか微妙な女子の関係性でいい具合に使われている子でちょっときつい。だからテングガールになってそういった子との関係が変わっていくのか、というかそういう嫌な子を退治する話かと思ったのですが、今のところトカゲやタヌキの変化した幻獣と戦っています。
ただ、今のところです。どう見てもいずれこの里で人もまた幻獣となりそうな気もしますから、そこからが本番かな。

また、アミの家にいる不登校女子のユウがアミと微妙な友達関係な他の子と確執持ち出しましたし、見た目のさらっとした感じのわりにどろっとしたところで話が進みそう。でも、このユウがまた長身で巨乳でメガネで美人ですから、もっとたくさん出てきてくれることを期待してやみません。
ほんとさらっとあっさりした描き方でもわかる彼女のスタイルの良さ。できればユウのテングガール姿も見たいのですが。

アミが表紙のような体型ですから、これまた不憫。

テングガール 1 (ヤングキングコミックス)
テングガール 1
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。