情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「純潔のマリア(3)限定版」予想外にハッピーエンドだった、そして限定の絵本はもっとハッピー
「純潔のマリア(3)限定版」、マリアの物語は一応完結しました。
予想外にハッピーエンドでした。これまでの重い展開と、やっぱりこの作者の作風からしてそうそういい終わり方でなく厳しい様のまま終わるんだろうと、はい。

そう、結局マリアが火あぶりなんだろうなと勝手に決めていたので、最後の方の予想外のハッピーエンドな展開に戸惑うばかりでした。
でも、ひとりひとりキャラを追っていくとまあわからないでもない。天使側がよくわからないけど、神はそういうもんだと思わせるわけでもあるのかと思うと妙に納得。

だけど取り敢えず3巻で一段落ついたこの展開はよかったです。とは言え、タイトルちょっとかわって続編があります。そうか今度は現代ですね。現代に魔女がそのまま出てくるのかタイトルだけで全然違うことになるのか、楽しみいっぱい。できれば現代でもマリアの魔女の血を受け継いだ末裔が先祖返りして激しく魔法を使って現代兵器と戦って欲しいです。

なお、限定版の絵本、これは絵本のふりして残酷な話だったらとびくびくしていたのですが、全く逆。幸せになる絵本でした。よかった。

純潔のマリア(3)限定版 (KCピース)
純潔のマリア(3)限定版
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。