情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版「中二病でも恋がしたい!」×近江鉄道、土山SAの六花パンと、八幡山ラッピングロープウェー
劇場版「中二病でも恋がしたい!」×近江鉄道、土山SAの六花パンと、八幡山ラッピングロープウェイに行って参りました。雨、というか台風接近で時折激しく降りしきる中、行ってきました。

chu2_021.jpg
まずは新名神は土山SAです。ここには京都方面からですと、手前の甲賀土山ICで降りて下道を進んでぷらっとパークで行くのが帰りに三重まで行かなくて済みます。ただ、IC近くの駐車場が狭いので基本止められないと思った方がよいです。300mほど離れたところの駐車場に止めて歩いたので、今日は雨で大変だった。
甲賀市観光ガイド:土山サービスエリアこのサイトの右下の地図にIC降りてからの詳しい道順が書かれています。

chu2_022.jpg
雨も降っていましたのでやはり人でごった返しています。入ってしばらく探しました。のぼりの影にポスター、賤ヶ岳SAのようにポスターが売店につり下がっているわけでもなく、パン屋さんにだけポスターはありました。だから気付く人は少なめかも。

ただ、パン屋さんの入り口ではなかなかど派手にお出迎え。
chu2_023.jpgchu2_024.jpg詰め合わせのパンもすぐわかりました。お店で普通に単品売りもあるパンが5個入って600円。単品だと150円くらいはしているので、お得なセットです。
パンの組み合わせや、特殊な六花パンがあるかとお店の人に確認しましたが、「普通のセットです」とのことで特にこだわりのある詰め合わせやパン種ではありません。六花だけに六個詰め合わせだとか、映画に合わせて特殊な形のパンとかあればよかったんですけどね。

chu2_025.jpg購入してメニューカードをゲットです。なお、パンはさらに小分けで一個ずつ袋に入っています。これは嬉しい。なお、パンは普通においしかったです。

ただ、やっぱりこっちもこれ以上の何かはなし。立て看板、六花主役だし映画館だと立て看あるからそれくらいあるかと思っていたのですが、なかった。
なお、帰り際には私が写真を撮っていたこともあってか、ポスターが見やすくなっていました。
chu2_026.jpg

そして一路近江八幡へ。今度は途中は下道を進みましたので日野を通過します。
ここはもちろん中二病の聖地のひとつ、学校のモデルになった場所、旧鍵掛小学校があります。
滋賀ロケーションオフィス:ロケーション検索:旧鍵掛小学校
まあここは雨だし近江八幡が次の目的地だし時間ないし、春にも行っている「「中二病でも恋がしたい!」×近江鉄道グループな聖地巡礼をしてきました」ので、後ろ髪引かれつつスルー。

そして八幡山ロープウェーに到着です。
chu2_027.jpg大きく六花がお出迎えです。

chu2_028.jpg
chu2_034.jpg
chu2_035.jpg
記念切符に絡んだ近江鉄道グループなコラボが紹介されています。だからモリサマーが載っていないのがちょっと残念。

chu2_029.jpg
すでに販売中のペーパークラフト購入。A3サイズ(30cm×42cm)です。そして厚紙なので車で来てよかった。丸めればなんとかなりますが綺麗に持って返るならそれなりに準備が必要です。

chu2_030.jpg
でもって、やっぱりタオルは来週土曜が予定とのこと。郵送も受け付けるとのことでしたので申し込んでおきました。先払いでした。

まだ、上の展望台での展示は始まっていないのでロープウェーのラッピングを確認、来た・・・あれ?
chu2_031.jpg
前回は2台あるロープウェー2台ともラッピングでしたが、今回は1台だけのようです。来週になったら変わるのかはわかりません。

でしばらく待ってもう一台の方が到着です。
chu2_032.jpgん? なんか・・・。
chu2_033.jpg電飾が着いている! しかも特にラッピングの絵柄に合わせたり中二病な配置でもなく・・・。
聞けば、昨日今日とお祭りだったので17:30から点灯していたとのことです。が、今日は雨なのでやるかどうか不明。で、明日からは電飾ライティングないそうですが、11月末にはまたするって・・・もう中二病のラッピングも終わっています。
来週は電飾外されていることを願って、そんでもってロープウェー両方ともラッピングされていることを願って、帰りました。

さて、来週はまたここの八幡山展望台に参ります。看板にあったとおりで劇中の滋賀県の場面のアニメスナップが掲示されるのでしょう。映画新作部分中心に観られると嬉しいですね。まあ余り過度な期待はしてはいけません。

近江鉄道:劇場版「中二病でも恋がしたい!」公開記念
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。