情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』、観てきました。そして近江鉄道コラボは北へ、賤ヶ岳リフトがよかった
『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』、観てきました。
一応聖地に一番近いMOVIX京都です。劇場も力入っていましたので、物販もつつがなく購入完了。開店時50人くらいだった列はこんなもんなんでしょうか? 初回上映は結構入っていましたが満員というわけでもなかった。

物販では並んでいるうちに欲しくなって「六花のバッグチャーム」や「六花のノート」まで買ってしまいました。バッグチャームは早速つけて嬉しがっています。
なお、初回上映後にグッズを確認すると「プレミアムチャーム」の六花が売り切れていた。さすがです。

映画の感想は最初の怒濤の新作部分が気持ちよく、あまりに気持ちよくTVシリーズの最初の頃のような中二病全開でこれがどうつながるのか悩んだ。
そして六花目線でのTV本編振り返り、ですが、特に立花の心の声とか感想とか新規補完とかもないもので、TV本編観ていないとついていけない。ただ、いいとこどりで楽しいところ、(立花にとって)名シーンが中心でタイトル通りです。よって、六花にとって全然影響力のないキャラだった一色くんの扱いがひどすぎ・・・。

最後にまた新作部分がTV本編後日譚が進んでTV二期へとつなぎますが、二期は一波乱あり?
なんにせよ新作部分はおもしろくってそれなりに笑いもあったりしていましが、総集編部分はみんな観てきた人ばかりなのであまり反応がなかったですが、それは私もそうだった。

なお、「たまこまーけっと」の新作制作決定が映画上映前に唐突に入り、その瞬間どよめく館内・・・。も印象的だった。

『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』公式サイト

そしてその後T-joyで「あの花」つるこポートレートをゲットした後、いそいそと近江鉄道コラボを目指しました。知り合いからの賤ヶ岳SAでの「森夏のモーリーカレー」実食情報も入り、私は土山SAへと向かおうとしたのですが・・・うーん、やっぱ私はモリサマーが好きなんです! どうしてもメニューカードが欲しい! それにそっちだと途中でロスなく近江八幡に寄れるし、賤ヶ岳SA以外に賤ヶ岳リフトのコラボもある。

まずは近江八幡です。近江鉄道の記念切符はあっさり購入。前回も特に売り切れるような勢いでなく1週間くらい後のGWに豊郷に行った際にもまだありましたので、余裕です。ただ、相変わらず高い。けいおん!の時のように入場券を入れるなどして安くして欲しいものの、まあ今回は近江八幡駅からロープウェイ最寄りバス停までのバス往復券も付いたので使うならお得です。でも、モリサマー柄ですから使うのもったいない。
chu2_001.jpg
何気なく後ろの番号を確認すると、奇跡的に映画公開日と一緒な0914でした。これは思いもかけない家宝ものです。となると近江八幡駅で14枚目? それとも114枚目?
chu2_002.jpg

そのままロープウェイへ・・・の前に、ここでネット情報とポスター情報でロープウェイでの記念グッズ販売日が異なるので念のため電話。すると残念ながらまだタオルは入っていない、来週の土曜日予定とのこと。ペーパークラフトは入っているそうですが。よって、ここは来週までおあずけとして、そのまま北へ・・・。

さあいろいろあって車をチャーター、賤ヶ岳SAにぷらっとパークで下道から入ります。
周辺案内図 賤ヶ岳SA|サービスエリア・パーキングエリア情報は【NEXCO 中日本】

さあってレストランは・・・の前に売店ではポスターが吊ってあります。
chu2_003.jpg
思った以上に目立っている。そっか季節限定メニューか。
chu2_004.jpg
さらにレストランに近づいて、
chu2_005.jpg「森夏のモーリーカレー」確認です。近江牛と同じ扱いです。

chu2_006.jpgカレーの写真も確認で、「もーりーカレー」? 早速注文。
chu2_007.jpgきました。ミニハンバーグとエビフライ、鶏唐揚げが2個、サラダつきで1100円。メニューカードはやはりポストカードサイズでサンプルのものと同じ仕様。
カレーの具やもりつけや味は特にモリサマーのなにかとコラボしているわけではないですね。残念。また、半券には「もりカレー」と書いています。なんか入り口にあった写真にも「もーりー」だし、これはなにか意味があるのかも?
確認しました。
「今回のコラボしたキャラ森夏の『森』から命名しました」とのことでこれもモリサマーと関係あるのは名前だけだった。ただ、豪華なカレーではあります。できれば近江牛入れてほしかった。
また、他にもなにかコラボ的なものはあるのかも聞きましたが特になし。最低限あると思っていたキャラ看板すらなし。うーん、これは八幡山にまたも集結しているのか。

さて、気を取り直して、SAからほど近いところの賤ヶ岳リフトに向かいます。駐車場から少し昇って切符売り場。
chu2_008.jpg着きました。なにげに豊郷駅でも見かけた系統のコラボのキャラが目立っていますが、ポスターもこじんまりとあります。鉄道の駅のように記念券の発売の告知は目立っていません。

chu2_009.jpg
取り敢えず購入。ポストカードサイズでした。このままリフト使うと右下にスタンプ入るらしいので、希望するなら別の券を渡しますということで通常の券をもらってリフトに。八幡山のように上になにかあるかもという期待もあります。が、聞くとこれまで十人ほど買いに来たけれども、そのまま帰った人もいたとのことです。もったいない。
また、この記念券を封筒に入れていただけました。なにげにいい感じ、これはなにかあるか。
ありました。すぎ隣のお土産売り場、賤ヶ岳七本槍ののぼりに囲まれた中心は店の奥にご神体のような六花の姿がうっすらと。いい構図です。
chu2_010.jpg
chu2_011.jpg訳ありおかきが置かれている後ろにポスターです。

さて、リフトです。
chu2_012.jpgん?
ありました。リフトの座席の下にも六花の姿が!

六花単体ということは、もしや・・・。「小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~」のキャラ別の公告になっています。なにげにリフトの座席数って距離もあるので多いんですが、2席にひとつついていますので結構な数ですよ。雨風にさらされるものだけにしっかりした印刷ですし。映画のクレジットで協力の筆頭に近江鉄道があっただけのことはあります。
chu2_013.jpg
chu2_014.jpg
chu2_015.jpg
chu2_016.jpg
chu2_017.jpg上がってからこの写真をリフト廻るの待って撮りました。ただ、人が乗らないとリフト停止します。が、今日は結構人いたのでさくっと撮れました。が、実を言うと停止している時に丁度いい位置にあったくみん先輩とモリサマーのがやっぱりしっかり綺麗に撮れてた。
ただ、上がっても特に他にはなにもなく、せっかくなので奧琵琶湖の絶景を楽しむためにさらに300m先の展望台まで行きました。
chu2_020.jpgまだまだ暑かったので汗びっしょりになりますけど、それだけの価値はあるかと。

そんでもっておまけ、このリフトと同じ地区、すぐそこにある伊香具神社に参拝しました。この鳥居がまた、素敵です。どんないわれがあるのか、わくわくします。
伊香具神社の伊香式鳥居 - 長浜市役所

今日はここまでです。なかなか近江鉄道やるな、でもできればもっと(ラッピング電車とか)やって欲しかった。・・・まあ作中の主役の電車は京阪坂本石山寺線ですからね。

近江鉄道:劇場版「中二病でも恋がしたい!」公開記念

八幡山は来週行こう。さて、こうなると土山もメニューカード以外に思いもかけない発見もあるかもなので、明日行こうかな。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。