情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マグダラで眠れ」4巻、フェネシスもイリーネもかわいい前半、そして怒濤の展開の後半
「マグダラで眠れ」4巻です。待っていました、フェネシスが今巻でもこれまで以上にかわいく世話女房的になってきて終始によによする展開が多かったので嬉しいです。
また、結構したたかというか姉御肌でなんでもできるイリーネも今巻では意外な弱点をさらけ出していました。さらにクースラとちょっといい感じになったりそれをフェネシスが嫉妬したりとまあ、ラブコメ展開? これまたによによするばかり。

さて物語は遂に到着したカザンの街、ちょっと問題あったもののさらっと入って順調に錬金術師としてのお仕事が始まり、上記のラブコメな展開もあったりほっこりする前半。
そしてやっぱり急展開して危機に陥る後半とメリハリ効いた展開です。特に今巻の前半のほのぼの空間。クースラですらフェネシスとクースラの醸し出すかわいい空気にあてられてしまっています。これまでの「マグダラで眠れ」のどの巻よりも長く前半すべてが平和な展開が続くのなんて初めて? って思った瞬間、案の定の窮地が始まります。

ただ、これまでのクースラとウェランドがそれぞれ勝手に孤軍奮闘していたような展開とは違い、フェネシス、イリーネを交えての協力しての打開策になっていったのは嬉しかった。これまでならいつなんどき誰が欠けても仕方ない、というクースラの冷徹な思考が見え隠れしていましたから、ほんと感慨もひとしお。

後半で特に印象的だったのはイリーネの言った師匠からの言葉でした。この言葉があってからのクースラの変わりようが潔くってよかった。また、今巻から文字横に傍点を振るという強調の仕方が入りました。ほんのちょっとだけですのでこれが重要だと理解しやすくなりました。読み進んでから、重要なこと言っていたなって気付いて読み返すこと多いのでこういうのはいいと思います。

そうそう、フェネシスも前半はかわいく、後半ピンチになると冷静になるあたり、ようやく場数を踏んだとわかる頼もしさを見せています。ほんと、彼女にとってあまりに辛辣でショックな状況だというのに。

そんな中、フェネシスは不名誉かもしれない二つ名をいただくことになってしまいました。が私はこの二つ名、もっともっと流布していったほうが彼女やクースラにいい結果になるかも、とちょっと嬉しくも感じています。

マグダラで眠れ (4) (電撃文庫)
マグダラで眠れ (4)


コミックも1巻発売。アニメ化もしていないというのに気が早い。けど、コミックから入っていく人も増えて人気が出そうでアニメ化も早そうと期待しています。
かなり当選はきつそうですが、クリアファイルプレゼントもあるのでコミックも早いとこゲットしておきましょう。

マグダラで眠れ (1) (カドカワコミックス・エース)
マグダラで眠れ (1)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。