情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロザリオとバンパイア season2」13巻、月音が強くてたのもしいながらも敵はますます強い者ばかり
「ロザリオとバンパイア season2」13巻、すごく盛り上がっています。
いつも巻末劇場は巻頭カラーピンナップ裏にあります。がこれを最初に読んでもネタバレにならないように描かれているので安心です。

さて、やはり月音が徐々に封印を解きながら強くなっていくのと同時に、グールに堕ちるリスクもますます上がっていくはらはら感がよいものでした。
いや、主人公だしいろいろあるけど助かるでしょうし、そろそろもう月音が活躍してもいいはず。なんて余裕見せて読んでいた。うん、その理論でヒロイン萌香さんも裏表両方大丈夫に違いないと勝手に安心しているし。

だけど、月音がどんどん強くなっても敵もますます強くなるばかりだし、仲間がみんなそろって最後の戦いだって妙にお約束なシーンもでてきたのが高度なギャグ? もう最近絵がシリアス調のままギャグされますからこの展開にどうすればいいかこっちもあたふたして、逆に妙に不安が。

そんな中のやはり敵側のキャラたちは最後を迎えていきます。刈愛さんがどうなるか不明だったけどやっぱり最後は心愛との命のやりとりでした。いっつも刈愛ばかり泣いていたけど、遂に心愛が泣いたので素敵な決着でした。

あとはどうやらそろそろ黒幕登場、最終の敵となりそうです。これでももう重要キャラすべて出そろって因縁も全部でそろったでしょうか。もうラストまで一直線、綺麗にまとめてください。それにしてもほんと月音のグール堕ちな危険は残っているし、どうなるの? 安心できないままです。
ただ、萌香さんはまあなんだか裏表で仲良くなっているので最後は二人分離して月音の取り合いをするほのぼのでハードな三角関係を期待してみます。

ただ、今巻なんて雑誌が青年誌系になったことでのリミッター解除が残虐表現系に走っているのがちょっと悲しい。やっぱりもうちょい、萌香さんの蹴りにサービスシーン的なものがなかったのが惜しい(ってシリアス絶好調なシーンだったから仕方ないけど)。

ロザリオとバンパイア season2 13 (ジャンプコミックス)
ロザリオとバンパイア season2 13


関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。