情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇場版あの花」、最初っから泣かせてかかってきてそのままずっともう泣くしかない
「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」公開されました。
初日朝から並んで見てきましたよ。

もう始まるなり泣かせにかかってくる名シーンから始まり、TV版を回想しつつTV版ラストから1年後のみんなの思いがそれぞれの手紙を書くシーンで徐々にあきらかになっていきます。
とは言え、めんまが振り返っているような過去のシーンの数々や、TV版に続いていて劇場版で明かされるシーンなど、あるいはTV版へとつながるシーンなどもどんどん入ってきて、見たことあるけど初めてに感じるシーンばかりで回想という感じもしなかった。
あ、TV版ラストの方のなんだか微妙な急展開にも感じたところとかもうまく気にならないようになっていた。だからまあとにかく安心して泣けます。

やっぱりTV版最終回の名シーンはしっかり入って安心して泣けます。そんでもって1年後の彼らに続くのですが、めんま・・・。
まあ、めんまの存在感は1年を経てもしっかりありましたし、じんたんがめんまいなくなって惚けているわけでもなくしっかりリーダーっぽくなってきていたのもいい。あなるのじんたんへの思いが伝わるのかどうかやきもき、そしてによによして見ていましたが、彼女も手紙でめんまにしっかり伝えたから今後いい展開がありそうです。

とはいえ、やっぱり主役はめんま、最後、エンドロール後のめんまのセリフが泣かせます。ほんと、さっきパンフ読み返してまた泣くとは思わなかった。

初回上映ですので、めんまポートレートや箱ティッシュはもらえましたが、箱ティッシュほんとうに小さい。これはもったいなくて使えません。

なお、買いたかったグッズは買えました。クリアファイルとか超平和バスターズタオルとか初回上映見て出てきたらとっとと売り切れていました。クリアファイルは追加あるかもだけどタオルはどうでしょう。見かけたらもうひとつ買ってもいい。また、めんまのマグカップが発売延期なのはとても残念でした。注文販売で確実に手に入りますが10月下旬ではちょっと悲しい。
なお、あの花夏祭りで売っていた先行販売グッズは、なかった。あれはノイタミナ通販ものの先行販売というものだったようです、買っておいてよかった。
オリジナルコンボも地底人コースターであたり?

そして来週もまためんまに逢える! t-joy京都の~めんまの全国舞台挨拶旅~当たりました。

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。| アニメ公式サイト
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。