情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おざなりダンジョンTACTICS」6巻、完結。懐かしいキャラ総出演だったけど駆け足だった
「おざなりダンジョンTACTICS」6巻、完結巻です。
懐かしいキャラが総出演、特にナーガとかエスプリとか出てきたら、大物なだけに話が壮大になっていました。
だから懐かしいキャラを余すとこなく出したもののこの巻でまとめてしまったため話が早かった。うーん、もっと懐かしいキャラと懐かしいギャグ中心にじんわり楽しみたかったのですけど。

そんな中、モカというキャラの魅力がよくわかり、なぜ彼女が中心になってしまうのかの謎も解けました。やっぱりこの世界で重要なキャラだったんですね。
そう、だからラスト皆が誰か重要なキャラがいない、けど思い出せないとなった時のいい知れない寂しさはこちらも感じ入った。ただ、モカはいっつも自分の生について淡々としているから、このまま終わってしまうのもありかもと読んでいましたが、最後の最後にアベル。居ましたね、彼も見事な好敵手だったからこそのかっこいい判断。

さて、これならまだまだおざなりのモカ達に物語りは続きそうですが、そろそろおざなりシリーズ以外も読みたくなってきました。次回作はなにでしょうか。

おざなりダンジョンTACTICS 6(創世の掟編) (CR COMICS)
おざなりダンジョンTACTICS 6
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。