情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私のおウチはHON屋さん」8巻、完結巻。みゆの母はやはりただ者ではなかった
「私のおウチはHON屋さん」8巻、無事に完結しました。
思わせぶりに登場したみゆ母がどんなキャラか不安でした。みゆの記憶だとみゆを引き取ろうとあの父と対決するという子供にとっては最悪のシリアスな展開になりそうでしたが、ここはそんな世界ではない。

ただ、みゆと対立をしてみゆが悲しい思いをしてしまった。まああの父と結婚した人ですから、対立に仕方が斬新だった・・・。でも、みゆと戦う相手が母親ではなく小さい子だったのでまさか母親が再婚したのかとこれまた骨肉の展開を想像しかけてやばかった。

Hな本屋さんという稼業がDNAにまで浸透している彼女ですら適わない最強の敵は、やっぱり母親のほうがよかったけど。なんて思いつつもみゆのファンやお客さんが助け合ってもり立ててきたこれまでどうよう、変な感動すら覚えつつまた問題をひとつ乗り越えたのでした。

終わりましたが、最後のオチからして今後のみゆの活躍の場は世界、ワールドワイドになるのかと思うとその後日譚も読みたいです。

私のおウチはHON屋さん (8)(完) (ガンガンコミックスJOKER)
私のおウチはHON屋さん (8)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。