情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」6巻、穏乃の能力が判明してから決めぜりふ出るまですごくよかった
「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」6巻、最終巻です。
いやー、駆け足で全国大会を阿知賀側から見ていたけど、阿知賀の面々がどう見ても他の強豪と較べると一枚弱いからこそのはらはら感のまま最終巻。

そしてひたすら元気でみなを引っ張ることが能力かと思っていた穏乃の隠された能力がわかりました。あったんですね、強力なのが。
もうこれまでも、そして今巻も千里山が主役になっていたし、竜華の太ももに宿った怜がかわいくって仕方なかった。だからこりゃあ白糸台と千里山が準決勝勝って、阿知賀はよく頑張った。正直ここまでこられるとも思わなかったしこれでいい、なんて思いつつ読んでいました。

でも、ちょっとずつ思わせぶりに穏乃の能力が見えてきて、それを発動。その後の展開はかっこよかった。主役だった。最後の白糸台大将淡にまさかそこまで上からの決めぜりふをはなてるとは思わなかった。えっと、やっぱりなにか降りているのでしょうか? いやーもう他の強豪達に見劣りしない化け物になっています(褒め言葉として・・・)。このまま成長していくと山の深いところだけでなく山すべてを支配してしまいそうです。

ほんと、穏乃がそんな子に化けるなんて思いもしなかったので、咲本編での決勝がとっても楽しみです。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A (6)(完) (ガンガンコミックス)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A (6)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。