情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ああっ女神さまっ」46巻、過去のデザインのベルダンディーがよかった
「ああっ女神さまっ」46巻、過去の寓話のような女神と人間の悲恋がベルダンディーと螢一のこれからになるのでしょうか。これくらい物語をさっくり進むといいんですが。

ただ、この寓話を過去の二人として見てきた後の螢一がかっこよかったです。抑制されていたことに対しての怒りや失望なぞではなかったのが単純に嬉しい。螢一らしいところでもある。
そして久々に神を相手にしての名推理を見せる螢一の聡明なところも見られてすっきりしました。だけどだから墓穴を掘ってしまうところもいい。

過去の螢一を天界から観察していたベルダンディーの衣装や髪が1巻の頃のそれを思い出すので懐かしかったし、その頃のベルダンディーもエキゾチックでいい。今のタッチで1巻から前半の数巻くらいまで描き直してもらったら単行本また買ってしまうとか思います。

あとは螢一が奇跡を見せるだけでクリアです!? ってもう充分彼は奇跡見せているのに。

ああっ女神さまっ(46) (アフタヌーンKC)
ああっ女神さまっ(46)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。