情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黄金の酔拳士」3巻、恥じらうちこも良かったが吹っ切れた彼女がますますよかった最終巻
「黄金の酔拳士」3巻、最終巻です。

怪人のボスとの緊張感高まる退治でのちこのまさかの行動がすごかった。ええ、ここまでするかと思ったけど、1巻の時の実験的作品とのあおり文句を思い出し、納得です。
そしてその後のラストバトルで遂にお漏らしに対する羞恥を振り切り、じょばじょば流しながら戦い続けるちこに、新時代の夜明けを見た気分です。

私はとてもいい作品だったと思います。ちこと仲良しになって共同生活していた怪人の子達との交流や、それ以外にも関わる怪人達を改心させていくちこの優しさと毎回の我慢と羞恥がほどよくミックスしていてよかった。
ただ、やっぱりちこだからこそのそれで、なんていうか彼女の親父さんのそれは・・・。

ということで次回作も期待します。太陽まりいというペンネーム、恥ずかしいとか言っていますが変えないでください。次回作だとわからなくなるから。

黄金の酔拳士 3 (少年サンデーコミックス)
黄金の酔拳士 3
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。