情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヴィンランド・サガ」13巻、トルフィンとクヌートの対決はお預け、残念
「ヴィンランド・サガ」13巻、いよいよクヌートの軍勢がケティルの農園に攻め込んできます。
トルフィンとクヌートの久々の邂逅は、戦いのさなかなのかなんて期待していましたが、焦らしますねぇ。

というか、なんかこう見たいシーンが、カットされている。特に血眼になってトルフィンを探していたレイフとの再開。レイフさんがどう喜んで変わったトルフィンに驚いたのか、そのシーンがみたかったんですけど。

しかも激しい戦闘シーンにトルフィンが参加していない。なんだかんだで巻き込まれるかと思っていたのに、残念。でも、トルフィンは戦うことを最終手段と捉えているので、今後も闘いは避けるんでしょうね。強いのに。

しかもせっかくの数少ない女性キャラ、美人さんのアルネイズ、彼女も遂に退場。これでまた男臭い話になるんでしょうか。うん、エイナルの目が座ったし、トルフィンも遂に立ち上がるようだしで、盛り上がってきているのは素直にわくわくしています。

あとは、この物語の結末、クヌートとトルフィンの対決がお預けになったのですが、この対決がどうなるのかが楽しみです。っていうかきっちり結末がある形で終わってほしい。

ヴィンランド・サガ(13) (アフタヌーンKC)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。