情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「家電探偵は静かに嗤う。」4巻完結巻、電が番猫が大ピンチ
「家電探偵は静かに嗤う。」4巻完結巻です。
完結巻だけあって表紙はヒロイン二人です。そして今巻では電がはめられて容疑者にされた回はふたりで彼のために動いて事件解決と、いいコンビになっています。
ただ、アンヌさんは毎回荒事担当兼オチ担当だったりするので、電か番猫が探偵役。できれば最後にアンヌさんがピンチで電と番猫が救うというものも見たかった。

今巻は最大の見せ場は番猫が捕まってしまっての拷問なんですが、彼女も脱ぐとナイスな姿態の方でした。とはいえ、やっぱり最後まで彼女はお色気担当じゃないほうがよかった。それにしても電をもってしてもいかんともしがたいトラップ発動阻止までの最後の6秒をアンヌさんの豪腕が解決した際は、やっぱりこの二人のコンビが最高だとよくわかりました。

ということで終わってしまいました。番猫は見せ場はあったものの、やっぱり電をアンヌと取り合うような熱い展開がなかったので、できればスピンオフで番猫主役の話が読みたいものです。

家電探偵は静かに嗤う。 4 (チャンピオンREDコミックス)
家電探偵は静かに嗤う。 4
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。