情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クイーンズブレイド グリムワール 人魚姫ティーナ」、常に濡れているというだけでこんなに破壊力があるとは
「クイーンズブレイド グリムワール 人魚姫ティーナ」、期待していましたが、期待通り、いやそれ以上でした。

まずは表紙、濡れていますねぇ。裏表紙は脚がある人間態でのイラストも見られます。カバーを外した本体の表紙のイラストは、今回は人間態の彼女でした。ポーズは一緒です。そして広がっていた髪がおとなしくなっています。これは水から上がったところといった状態なんでしょうか。なんか急に露出が増したように感じますが、脚が鱗でおおわれる尾ひれ状態とは違って生足だからですね。そんでもって人間態でも彼女はやっぱり濡れています。
表紙開いた見返しはグリムワールではまだまだキャラが少ないのか、裏表紙側もふくめてデザイン的な魔方陣や文言が書かれていますのはこれまでどおり。

そしてイラストブック部分。はい、これほど破壊力があるとは思いませんでした。なにしろとにかく常に濡れている描写なのですが、それがまあ扇情的です。それで当然、攻撃するにしてもされるにしてもいつものクイーンズブレイドなので、ますますすごいことに。
そして人魚態と人間態が半々くらいなのですが、人魚態が下半身が尾ひれなのでなんかこれまでのクイーンズブレイドシリーズと違って新鮮です。が、人間態もあるのでどうしても人魚の姿はコスプレっぽく感じてしまう。
武器は水のオーブと歌、そしてクラーケン。クラーケンは必殺技なので少なめですが、当然攻撃しているのになぜかクラーケンの触手に絡まれているし・・・。歌は巻き貝をマイクにしているのでこれはこれで全然クイーンズブレイドっぽくないのがまた新鮮。
本命の武器のオーブではやはり外せないのは「姫の潮吹き」、近距離と遠距離でイラストは使い回しですが、表情違ったりスカート(?)の舞い上がりのあるなしなど、違いあります。なんだかんだで飛び道具でした。
他、気になったポーズが「しゃがむ」、これは「寝そべってポーズ決める」です。濡れているけどあざとくかわいい。かわいいと言えばまさかの「突撃」も。オーブに座って笑顔で迫ってくるティーナです。これほどまでにかわいい突撃があったでしょうか、避けたくない。
あと、「ノックダウン」「バランスを崩す」「背後を取られる」あたりの濡れ具合と透け具合がいい。ああ、ほんといっつも濡れているって、破壊力抜群。
そう、もう表紙からよくわかっていますが、水に濡れて透けているのと同時に張り付いている衣装です。胸が常にそんな感じなんですよ・・・。
イラストの使い回しは「姫の潮吹き」「水の槍」「攻撃をかわす」の3つ。遠近で使い回されていますが、表情が若干違うなど工夫されています。特に「攻撃をかわす」が遠距離だと余裕のほほえみなのに、近距離だと涙目で必死に避けているのが伝わってきて、いいです。

そして最後に申し訳程度にゲームブックとしてのキャラ性能を見ると、クラーケンをどう使うかでしょうか。召喚の手間がありますが、召喚してクラーケンに触手攻撃させて行動制限できると大きい。また、水系ですから体力回復は単純に「後退」だけで1P回復です。とは言え、遠距離ではクラーケン召喚もできないし攻撃手段も少ないので、できれば近距離で頑張りたいところです。

ということで「人魚姫ティーナ」でした。後書きでえぃわさんも言っているように、濡れているのと透けていることが制作において大変だったようですが、それだけのことは充分ありました。今後も濡れているキャラがぞくぞく登場して欲しい、なんて期待してしまいます。

クイーンズブレイド グリムワール 人魚姫ティーナ
クイーンズブレイド グリムワール 人魚姫ティーナ


そんでもって、しばらく仕事忙しくってチェックしていなかったら次の作品、またコスプレ実写系も久々にラインナップされています。当然、予約しましたよ。

クイーンズブレイド THE LIVE 不思議の国の闇使い アリシア ヴァネッサ・パンEDITION
クイーンズブレイド THE LIVE 不思議の国の闇使い アリシア ヴァネッサ・パンEDITION


クイーンズブレイドグリムワ―ル 黄金の戦斧 ゴールディー
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。