情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「げんしけん 二代目の伍」14巻、斑目さん告って振られて、そしてハーレム?
「げんしけん 二代目の伍」14巻、表紙の非常に老け込んだ斑目さんのビブリア古書店風なさまが、なんとも言えない哀愁が・・・。ああ、目も閉じておいてほしかったような・・・。

って相変わらず斑目さんが主役な展開でファンとしては嬉しいです。今回は遂に前作から引きづり続けていたサキさんとの問題が解決に向かいました。いいですよね、こういったいろいろ手を尽くしてくれる仲間がいるというのは。
なにげにサキさんや荻上コスプレも見られる上になぜかお遊びですがさらに高坂、波戸くん、大野さんまとめて斑目ハーレム展開な見開きが妙に感動した。ああ、斑目さん、サキさんはダメだったけど、愛されているよ。
でもこのお膳立てしたのが笹原妹と波戸くんというのが意外。でも結局この二人だというのが伏線。

それにしてもこの告白編が終わって、大野さん酔いコスがひたすらフェロモン全開な回で田中さんの実質プロポーズや、吉武、矢島、波戸の1年回やらがたんたんとあったので、斑目さんは実質これからは背景キャラかな・・・なんて思っていたらまた今度はどうやら本当に彼が主役な展開。

だって、辞めるなってサキさんに釘さされているのに辞めてしまうダメ人間展開なんてこれはこれからきっとなにかあるはず。と思ったら波戸くんの久々な心の中の女視点がやばいやばい。ああもうこれは恋する乙女です、いや、サキさんという枷も外れて、さらにダメ人間になった斑目さんを落とすなら今。まるで野獣のような波戸くん、いやもう行っちゃってくれ、なんて思わざるを得ない。ほんと斑目さん、ヒロイン。

後半は全然斑目さんの心象描写がないので、彼を攻略する波戸君や、なにやら斑目さん見て真っ赤になったり意味深なスージー、そんでもって明らかに波戸君をライバル視している笹原妹も斑目さん狙いです。サキさんにきっちり振られてヘタレから卒業した斑目さんの落ち着いた雰囲気がいいフェロモン出しているだろうな。
でも、仕事やめてダメ人間だけど。

そんでもって遂に波戸君とスージーの対決! なんて気になる引きなんでしょう。

それにしてもサキさん予言の頑張ればハーレム作れるっていうのは、どういうエールなんでしょう。

げんしけん 二代目の伍(14)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。