情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Pumpkin Scissors(17)」、ハーケンマイヤーの見せ場、やっぱり彼女も英雄ですよ
「Pumpkin Scissors(17)」、早く少尉、来て、な感じでじれったいままのこの巻に来ました。
でも、正直少尉が来てもどう事態が変わるのか、なんて暗い思いでいましたが、やっぱりラストの少尉登場には高揚しました。

でも、今回主役はハーケンマイヤーでした。結局口だけのへたれかと思っていたのですが、まさかの八面六臂でした。もう死亡フラグがびんびんなので気が気でなかったのですが、彼女の剣技もまた洗練されたものでした。

あともうひとり。忘れてはいけない伍長の宿命のライバル、ロゼッタ看護士。彼女もまた歴戦の勇者です。だから逆に瀕死になってもきっと助かる、なんて思ってたり・・・。
それにしてもこの状態で伍長の登場なんてあったらきっとロゼッタさん、やっぱり元気になるんだろうな。

Pumpkin Scissors(17)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。