情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「とめはねっ!鈴里高校書道部」11巻、望月さんの文武両道問題もあるけどやっぱりラブコメ展開で燃える
「とめはねっ!鈴里高校書道部」11巻、表紙が宮田さんです。
彼女の縁へのアプローチふたたびかも知れないです。縁が全然気にしないんですが縁父との顔合わせもできてしまった。こりゃあ今後なにかあったら宮田庵のそばの出前をとったりとか、ありそう。

とは言え、遂に縁も望月さんへの自分の想いがはっきりしましたよ。三輪ちゃんたち先輩も陰に日向にサポートしてくれますから、絶対有利なんだけどなぁ・・・。

一条くんも夏休みに三浦先生のところに習いにきて、縁にライバル宣言するし、なんだかもっとスマートなキャラに見えていたのに頑張っている。おかげで縁が萎縮するのもまあわからないでもない。この縁の押しの弱さがあるからこんな有利な環境でも遅遅として進まない関係なんですけど。

なお望月さん、文武両道を果たしていこうにも柔道が強すぎて書の道が邪魔になっている。ただ、彼女の素敵なところはそんなどっちつかずの環境でもちゃんと両方頑張るし、きっちり切り分けて書をやり終える時期を明言してしまった。・・・なんだか望月さんはオリンピックで金取るような流れです。柔道で挫折して書に戻るとかはおもしろくないのできっちり柔道頑張ってください。
なんて応援してしまいます。

また、相変わらず縁へは書でのライバル視は変わらないのが彼女らしい。望月さんだけが全く周りの恋のさや当てに気付いていないので、これまたいつ彼女も気がつくのか、その時が待ち遠しいです。

とめはねっ!鈴里高校書道部 11 (ヤングサンデーコミックス)
とめはねっ!鈴里高校書道部 11
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。