情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空拳乙女」1巻、謎めく空手美少女の物語として始まりますが、驚きの展開に
「空拳乙女」1巻、湯浅ヒトシさんの作品です。
この作者は時代劇ものばかりですので現代もの、そして少女ものなんて予想外すぎます。だから恐る恐るお試し1話を読んでみた。
1話試し読み | WEBコミックアクション
すると思いの外主人公の二人がかわいかった。謎めく凛々しい空手少女の春野かすみのアクションも良かったし、なにより古代史が好きとか独特の趣向。それでいて空手が強い、これは古代から伝わる拳法の使い手かなにか、ファンタジーものになるかも。
などと思って購入した1巻を読みました。以下、ネタバレ気味に感想です。

なお、かすみは1話そうそう偽名だとわかります、以下は本名の武部道で進めましょう。

ですがどうやらファンタジーではない、それどころか結構どろくさいことで狙われていた道でした。もっと壮大な古代ロマンあふれる敵がよかったのに・・・。
ま、それはそれでおいておいて、もうひとりの主人公の歩夢に空手を教えるために今は亡き師の道場を借り手の練習が始まると、じっくり念入りに空手の説明が入ったり、型を見せてくれたり。おや、真面目な空手作品のようです。

ただかすみの強さを見せつけるだけの作品ではなく、空手入門、そして部としての大会参加とかになって熱血しそうな予感。
師匠の孫で自転車屋の主税がちょこちょこ出てきますので、これはいずれ見かねてコーチになってくれるかも。
そしていつかは部になるまで仲間を集めていく正当スポーツ熱血ものになるのもいいか。

そんな期待膨らむなか、またしても怪しい女性蛍子が登場。最初に襲撃してきた輩の親玉かと思ったら違う方面だった。でもそれはそれでうさんくさい半地下格闘技的大会へのご招待。
ここであの表紙やこれまでの展開からまさか「コスプレガチンコ格闘技戦」が始まることになるとは思いませんでした。
正直、作者の新境地を開くにしても冒険しすぎです、と読み進める手が重くなります。

ですが、そんな思いを払拭してくれたのが他ならぬ主税。事情を聞いていきなり断りの電話入れてくれたり、非常に正論で浮ついて参加してしまいそうになっていた道を厳しく諫めてくれました。
ああ、よかった、なんか前半の連載展開がおもしろくないから無理なてこ入れでもしたのかと不安になっていましたが、そんなことはなくちゃんと練られた展開なんだ。・・・と信じたい。

だけどその後は結局参加することになるし、予想にはあったものの主税がまるで立ち技総合経験でもあるかのようにコーチしてくれています。そしてあっという間に始まってしまう大会。その面々の顔つきはコスプレこそしつつもみな凛々しい。そして正直コスプレが浮いている感じの身体つき。・・・なんか誰特な気もしないではないコスプレです。

ということで、きっちり格闘技ものになっていく余韻を残して1巻終了。

なお、ひとりメイドコスの子がかわいかった。なにやら道にガンを飛ばしていますので勝手にライバルキャラと認定しておきましょう。ライバルが出てくると盛り上がるし。
伏線の張られていたキャラかもと思いますが、それだとやっぱ展開早いな・・・。この大会が終わったら終わりそうな勢いでもあるのが不安です。

道の強さはもうわかったし、歩夢の成長も見たいのです。

空拳乙女(1) (アクションコミックス)
空拳乙女(1) (アクションコミックス)
空拳乙女(1)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。