情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンビにアイスをさらわれる
お昼休み、コンビニで箱入りのクッキーサンド系なアイスを購入した帰り道、箱を開けてそこから半分だけアイスを出してひとくちふたくち食べました。

これからはアイスの時期だなぁ、などと思いつつふと顔からアイスを離しました。といっても肘の長さ分だけですす。
その次の瞬間、後ろから私の顔の横に茶色いなにかと一陣の風がとおりすぎ、軽いショックとともにアイスを持っていた手にはそのアイスの箱だけが残っていました。なにが起こったのか一瞬わかりませんでした。

でもその茶色いなにかは通り過ぎたあとバササッと大きな音を立てると私の顔の高さから一気に上昇し、その後を追う黒いなにかが見えた瞬間、それが私からアイスを奪ったトンビと、それを掠め取ろうというカラスだと気がつきます。

加茂川周辺ではトンビがお弁当を奪ういう話を聞きますが、こんな烏丸よりも西のビルの谷間で襲われることになるとは。

ただ、あの大きな身体で翼を広げたらどう考えても私に羽根が当たりそうなものですが、羽根の一枚、それどころか足の爪の一本も私にかすらせもしないスマートな様には感服です。野性というか自然というか、弱肉強食で私は最下層というか・・・。

その後トンビとカラスの戦いはビルの屋上より上に上がってその結末を私は知りません。

取り敢えずは後ろは全く死角です。身体からものは離さない。また空きスペースの大きい方にはものを持たないというのが鉄則です。ほんと普通のひったくり対策と変りませんね。
そんな教訓を得て、恐らくトンビよりもスマートでないだろう人間のひったくりにも備えて、気を引き締めていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。