情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ムジカ」1巻、クララとシューマンの連弾が綺麗でした
「ムジカ」1巻、シューマンと表紙のヒロイン、クララを中心とした音楽家たちの物語。
というか単に作者のかかしさんのファンなので、作者買いで買いましたが、おもしろかった。いや、
暴れん坊少納言1 (ガムコミックスプラス)暴れん坊少納言1
が実在の人物をいい具合に創作を加えてキャラ付けしていた人ですから、これもまたおもしろくないわけがない。

逆に音楽家たちの物語、私ははっきり言って名前くらいしか知らない人達ですので創作がどこなのか全然わかりません。だから単純に一創作として楽しむつもりです。

後半からはライバルキャラとしてメンデルスゾーンが登場して演奏対決しますが、史実なのかどうなのか全く気にせずエンタテインメントとして楽しめました。

それにしてもクララがこれまでのかかしさんのキャラと描き方が変わっているのか、えらく清楚な美人さんだった。それがまたいい。これがまたなんだかあっさりシューマンと仲良くなっていますね。
でもその二人の連弾の様がまた、素敵なんです。シューマンの膝の上にクララが座って片手ずつを担当する様が本来の連弾とは違うけど、絵になっています。

ムジカ (1) (バーズコミックス)
ムジカ (1)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。