情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デイドリームネイション」5巻、最終巻、ずっと文化祭が続けばいいのに
「デイドリームネイション」5巻、最終巻でした。
遂に文化祭開始、いや、その前夜から盛り上がりました。白景さんがいることで集まってくる魑魅魍魎を退治、じゃなく山での酒宴に案内するという平和的な賑やかさ。
これまでもまったりしつつもいつもお祭り的な印象の強い作品でしたが、やはり文化祭となるとこれまで以上に盛り上がってずっと続けばいいのに。なんて思います。
もしや古典的にループするのか、と思わせた先輩の一言などもあっさり却下するほど知春や夏穂はへとへとでしたが。

そんな賑やかな中、知春の議員だという堅物の父親が参観に訪れてまさかの重い展開。この作品でそんなシリアス要らないと思ったらさすが白景さんでした。しかも幕間での帰宅後の父の娘の展示への観察眼。いい親さんでしたよ。

とほっこりしたのもつかの間、この盛り上がりのさなかに白景さんが消え、一気にみなの記憶から消えていく。帯から最終巻ってわかっていますので、この展開にそのまま一気に何十年も時が流れるなどの厳しい展開を考えてしまったりしたり。
直前の若干のシリアス展開もあってまさかまさかの幕切れか。
ただ、そんな中、これまで疎ましくも思っていたふうもある白景さんへの知春の思いも知れて、よかったです。

デイドリームネイション 5 (アライブコミックス)
デイドリームネイション 5
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。