情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 06月号、石黒正数新作読み切りは続編も期待です
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 06月号、久々に石黒正数さんの新作読み切りが掲載です。
そんでもって表紙も石黒さんですが、今のところこの表紙キャラは全然今回の新作とは関係ないようです。が、この作者のことですのでやっぱりなにかの伏線か、あるいはどのキャラからのもうひとつの顔なのでしょう。

さてその「限りなく透明に近い塩」、先月予告から塩ラーメンの話だということはわかっていたのですが、本当に塩ラーメンだったのか。はい、少なくとも話の中心に塩ラーメンは登場していました。が、その塩ラーメンを巡っての人間模様が濃い。
特に主人公の黒髪ロングメガネの見田さんがこれでもかというくらいにいろいろ属性持っています。最初の見た目のものからさらに年上好きだったり、ドジっ子だったり。でも、最後に本編ではなく柱の編集の説明でもっと驚きの属性が示されてもう一度最初から読み直しました。それにしてもポテンシャルは高いけど運も含めていろいろ残念な子です。
とは言え、本当においしい塩ラーメンは・・・っという命題、かつては「虹色ラーメン 18 (少年チャンピオン・コミックス)虹色ラーメン 18」でもありましたが、結局は今回のタイトルどおり、突き詰めたところに向かうのでしょうか。
見田さんの泥臭いというかなんか鈍くさい生き様と対比されるようです。
さて、さらに続編もあるかもしれないらしいですが、是非とも続編を期待して見田さんの別の一面も含めていろいろ見せてほしいです。

「ちゃんと描いてますからっ!」最終巻、大団円でした。けど、親子としてのそれは大団円だけど、歩未がマンガ家としてもうちょっと芽をだしてほしかったので残念。父を超えてほしかった。

「セントールの悩み」2本立て、もう週刊連載でも大丈夫かという勢いの作者です。今回は初心に返っての女の子の思春期ネタです。でも、やっぱりなんだか生々しいことをさらっと載せてくるのでこの手の話は苦手。公認百合な二人がいることも始めて知ったけど、ええっと、嘗めているのですか・・・ってだからそういうところまで描くのがこの作者の作風だけど。やっぱり清楚で品のある委員長とは今のところ無縁でよかった。挨拶のキス程度の関係がかわいくっていいんです。

「アリスと蔵六」、アリスの秘密も一気に解き明かされていきますが、それによりアリスがどれだけ特殊でどれだけ危険な存在かわかりました。さらに言うとアリス自身も危機状態、この彼女を救うべくあるのは当然蔵六さんだけど、どうやって彼女を助けるか。なんて思っていたらなんでもありなアリス、彼を一瞬で手元に呼び寄せた。まさか偽者を構築したのかとも思いたくもないですが、そう見てもあの迫力とあのセリフ、ご本人です。しかも非常に怒っているので次号は胸のすく活躍が見られそう。そんでもってアリスが彼にどう接するのかが気になります。

「放課後!ダンジョン高校」、みんないい奴だ。ユミ、いやおっぱい先輩の強がりと、ほっとしてからの大泣きとでますますいいキャラになっていく。ただ、シオが足のこともあってみんなに大事に気遣われてしまうのが、わかってはいるけど淋しいもの。今回はおっぱい先輩がヒロインだったとは言うものの、シオ淋しすぎる展開が始まってしまったかも。しかもヨウイチが怪しげなアイテムを発見して使いこなしている。キーマンなのか、それとも誰でも使えるアイテムだっただけなのか。ただ、シオを助けたいって思うヨウイチに武器ができたわけで、早くシオの前での活躍も見たいです。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 06月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 06月号
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。