情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カラメルキッチュ遊撃隊」2巻、急にSF度増していますが、とにかくイラがかわいかったのでいい
「カラメルキッチュ遊撃隊」2巻。今巻は異邦人のうち、主人公三人組と一緒にいる話がわかる(?)異邦人のキッチュが主役です。

まあ一気に現状の都市が消失してしまったこの世界、月の横に現れた青い月の謎などの解明が彼によって進みました。キッチュのいる世界とこの世界とが絡んだ複雑なことになっています。うーん、でも霊的存在になった後の生まれ変わりが入れ替わるのってそんなに一大事でしょうか? とは思う。

ただ、そんな霊的存在がどうこう言えると言うことはキッチュの世界では霊について存在が確認されている進んだ世界ということ。そもそも彼らはこっちの世界を観測していたけど、こちらからはまだまだ青い月がそこにものがないということがわかったくらいだし。

とかSF的なややこしいとこはまあさっさと流して三人組の日々を楽しみたい。今巻ではライバルなのか職業実習でよく似た三人組も出てきて、そっちにも同時にキッチュがいた・・・。居ることを確認できないならどちらにも存在する可能性があるという量子的存在で両方の三人組にくっついていたという因縁。あ、またSF的に・・・おもしろいからこれもまたそんなもんだと軽く流しておこう。

なお、イラがまためんどくさいことになって大変だったけど、結局いい感じにお父さんに甘えている様がラブリー、メルもメルで父親と仲がいい。
このあたり見せつけられているカランの両親は霊的存在になってしまっている、と思うと重い。

カラメルキッチュ遊撃隊 2 (ヤングキングコミックス)
カラメルキッチュ遊撃隊 2
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。