情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南Q阿伝」2巻、銀子さんが変身する時に注目してみた
「南Q阿伝」2巻、巫女服で半狼状態の銀子さんが表紙です。
この銀子さんの活躍が今巻は多かった、太郎は最後におらおらする役でオチ担当? 二人とも腕力強いけど若干役割が違っているのがいいですね。

相変わらずなんともおぞましい渡来神ですが、渡来神自身よりもそれによって荒神化された神が強いのでそこをいかに攻略して正気に戻すかです。その後は元凶の渡来神におらおらできてすっきりする展開。

身体に太郎丸を宿しているからこその非常に強い身体能力からくるなにごとにも冷静すぎる太郎の性格や、そんでもっていつもの大食いが見ていて気持ちいい。しかも今回はその大食いが意味を持った展開もあって、今後もたくさん食べてください、はい。
また、ヒロインなのかどうなのか微妙にところですが、凛々しい銀子さん、今巻は変身しての戦いが多くてその後すっぽんぽん描写がサービスシーンです。
が、あまりに堂々としているのでなんともこっちが気恥ずかしい。
それにしても変身時に脱ぎ捨てた巫女服や足袋や草履のよく見ると・・・ないですね。はいてないんだ・・・。おお、そういうこと考えて見なおすと・・・いや、やっぱヒロインというよりも・・・。

さて、渡来神を送り込んでくる元、深淵の底という言い回しで登場してきましたが、西の国? 今のところ某国の印象で見えていますが、単にそこまで西から来たという拠点かも知れない。そもそも渡来神ってどこの神様に似ているのかなぁ・・・トルコのお守りナザール・ボンジュウにも似ているあのぐるぐるした紋様が気になります。

南Q阿伝(2) (シリウスKC)
南Q阿伝(2)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。