情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あまねあたためる」1巻、ほんわかしたあまねが居るとなにかいいことあります
「あまねあたためる」1巻、佐渡川作品としてはこれまでにない美少女度の作品です。
前作が男臭い空手ものだっただけに、今回はがらっと変わった印象で大丈夫か? と思いつつも取り敢えず購入。

若干まろ眉気味なところがかわいい、ほんわか周りに温かい印象を与える優しい性格の主人公あまね、が居るだけで周りの誰かが幸せになるハートフルな一話完結型の作品です。
とは言え、高校生なので基本周りの友達や同級生、家族など準レギュラーなキャラはちらほら居ます。があくまであまねに対するもう一人のゲストキャラ視点での物語。なぜかあまねが居たおかげでそのキャラの悩みや問題が解決していく様が若干のあまねのローアングルよりなサービスカットとともに展開されていきます。
けれども鉄壁のスカートが素敵に働いているところが、逆にいいものです。そして徐々にふともも萌えなキャラになっていく・・・。

また、なにげにあまねが制服姿以外にコスプレ度が多め。実際にコスプレしていなくともゲストの妄想とかで補完されて毎回それも楽しみです。そう言えば、これまでの作品よりも線がすっきりしてこの作品の印象が変わっています。これまで荒々しい線が多めの作者だっただけに、この線の印象だけで全然違う方向向いた作品だとわかります。

だから急に入ったファンタジー色強めの節分話、鬼の線がこれでもかってくらいにあらぶっていて浮きまくり。これはこれで落ち着かないけど、おもしろい。あ、でもこの回のあまねの虎柄ビキニは今巻の中でも群を抜くかわいさだった。しかも自前でわざわざ節分の鬼役をするために準備したものらしい。

なんか時々アホの子か? って見えますがやっぱり普通の子。最後に出てきた生徒会副会長の銀つららがまたかなり残念な美人だっただけにあまねは普通の子でした、よかった。

後書きでは作者もなんでもできる舞台だからもっといろいろやりたい旨書かれていますので、こっちも熱を持ってしっかり読みますので盛り上げていってほしいです。
つららが勝手にあまねをライバル視しているので、今後も基本彼女との対決でいいかもと思うのですけどね。今回みたいにオチはつららがあまねにほっこり温められてしまってうっとりした後、我に返って切れるワンパターンでも全然よかったり。

あまねあたためる 1 (少年チャンピオン・コミックス)
あまねあたためる 1
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。