情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ユーベルブラット」13巻、結局七英雄はどうなろうとも悪だ
「ユーベルブラット」13巻、とにかく若返って復活してきたグレンさんにつきます。
さっさと死んだと思っていたらケインツェルのように若くなって復活。ただ、亜人ではないようですからまた違った方面の技で蘇っています。

まあ悪人である七英雄の中でも一番の悪人なわけで、そんな彼だからこそ望む英雄願望がこの狂気の戦を起こしてしまったのでしょう。英雄どおしの戦争なんてもう外の世界からの侵略がどうこうよりも末期的状況。ただ、こうなってくるとケインツェルやイクフェスが立ち上がってかつての栄光を取り戻せるかもだし、うまく立ち回ってほしい。

・・・ってケインツェルが弱くなっている? いやイクフェスがどんどん強くなっているのか。結局彼らは戦うべきじゃないのに、会うと戦うばかりでもう泣くしかない・・・。

で泣くと言えばいつもケインツェルの事情を察して男泣きのロズンさん、かれはグレン候の七槍騎士団だったけど今回登場なかったような。しかも七槍騎士団は解散されてしまう。でもこれで今後わくわくするような展開、ロズンさんが晴れてケインツェルと共闘し、そしてかつての主君と対峙して泣く、という展開が期待できるのでよし、です。

ユーベルブラット(13) (ヤングガンガンコミックス)
ユーベルブラット(13)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。