情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジャジャ」16巻、新キャラのパトリシアのジト目がよかったけどゲストっぽい
「ジャジャ」16巻、1巻で1話というなかなか壮大な展開でした。
でも、長くてもこの巻だけで綺麗に収まっていてとても読みやすかった。次巻に続くのも場合によってはいいけど。

今巻はレストア話、しかも地味にレストアしていくとかではなく、チームを率いてマネジメントする側に立つことになったレナさんです。でも、いつも通りのバイクバカで突き進みつつもミヤギがちょっとだけは頑張っていい進み方でした。
でも、ミヤギもこれからの行く末を思うとレストア技術身につけたらいいとか思ったけど、やっぱりむつかしいか。話的に急にミヤギが3年修行に行きました。って展開は無理だし。代わりにサオリさんっていうミヤギと過去の因縁あるキャラが出てきてさっさと修行に行ってしまった。まあ過去の因縁見る限りぜったいミヤギとなんぞあるとは思えないけど、レナさんがのんびりすぎるし彼女に変な期待したんだけど。

それにしてもイギリスからやってきたレストア技術者のパトリシアがいい。最初のレナさんたちを剣呑なジト目で見る様がいい。ついでに絶妙に通じるけど鬱陶しい怪しげな日本語でくらくらする、いろんな意味で。今回のレストア話でさっさと帰ってしまうのか、しばらくこっちにいるのか。できればもうちょっと日本観光でもしていて顔を出して欲しい。

ジャジャ 16 (サンデーGXコミックス)
ジャジャ 16
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。