情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「それでも町は廻っている」11巻、噂や事件の発生源の歩鳥
「それでも町は廻っている」11巻、今巻はミステリアスな恐怖話回。
そして久々のSF回も入っていました。でもこれこそが一番恐怖なのかも・・・。他のは恐怖といいつつもSF回じゃないから歩鳥や静さんの名推理により事件は解決されます。この解決していく様が静さんはスマートだけど、歩鳥はスマートじゃないのはお約束。というか自分で事件やら噂やら作り出して自分で解決するというお騒がせな歩鳥でした。

さて、お楽しみはやっぱりたっつんと紺先輩。特に紺先輩はその謎の生態・・・いや生活のいろいろが実家登場で解明してやっぱりちょっとすごい人なんだと再認識。また、タケルを引き連れドラマロケ見に行かざるを得ない時の小学生にすら妙な気後れする様。いつもの歩鳥に見せる顔とは違った一面でかわいかった。

また、たっつん。今巻は水着まで着ているのに、肝心の真田がいない。しかもウォータースライダーで輪島さんにミサイルのように追突されて水面を切って吹き飛んでいた・・・。こんな残念な色気のない水着姿を真田に見せなかっただけましかもだけど、真田は真田で写メの片隅に映る歩鳥だけにロックオンしていたし。その横にたっつんも移っているのに全く気付いていない。ああこの三人はずっとこんな関係なんだろうな。

それでも町は廻っている 11 (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている 11
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。